伊達巻きおいしい

おいしいよね

シャドバにおもふ

びとです。

 

伊達巻きおいしいブログ第1回です。
二回目があるかは定かではありませんし、
ブログ名に深い意味もありません。

 

今回は、2016年6月にリリースされ、
約一年で900万DLされたCygamesのDTCG「Shadowverse」について
思っていることを雑に書いていきます。

 


完全に某HSのパクりゲーなのは言うまでもないですし、
海外では「Hentai Stone」と呼ばれていたりいなかったりする本作ですが、
その手軽さから私は好んでプレイしています。
RAGE予選にも二回出場しました。(ともにDAY1落ちの雑兵)

 

しゃどばすチャンネルなどのバラエティー色が濃い動画コンテンツもあり、
日本のゲームだなといった感じです。余談ですが、ずっち推しです。

 

ここからはポジティブなところ、ネガティブなところをテキトーに書いていきます。

 

=+=+=+=+=+=+=+=

【良いと思っているところ】
・1試合の必要カロリー(コスト)が低く手軽
その他のカードゲームと比べると圧倒的にプレイに必要なエネルギーが少ないです。
また、スマホ向けに作っているためか、1試合のプレイ時間も短めで回転が良く、スピード感があります。
ぐだぐだと続けてしまっている一番の理由がこれだと思っています。

・プレイ人口が多い
対戦ゲームにおいて最も重要なことです。
私は格ゲーも好んでプレイしますが、ネット対戦に人がいない悲しみを日々味わっています。
今、現在、日本でDTCGをプレイするならシャドバがど安定でしょう。

【悪いと思っているところ】
・大型大会のスケジュールに合わせてゲームの調整をしている(と思われる)
ファミ通カップやRAGEの予選はパックリリースから1ヶ月程度で行われていますが、
ファミ通カップではドロシーウィッチ、OTKエルフ
RAGEではヘクターネクロ、ランプドラゴン
といったデッキが猛威を振るっている環境でした。
ファミ通カップ予選後は、ルーンの貫き、ミニゴブリンメイジのナーフ
RAGE予選後は、骨の貴公子、ゼル、ライトニングブラストのナーフ
が行われました。
雑兵視点ではありますが、よりよい環境にするための調整なのであれば、
大型大会の予選も調整後のよりよい環境で行なってほしいものです。
※RAGE予選でドラネクに負けたから言ってるわけではありません。ありません。。。

・ランクシステム
2017年5月時点でMasterランクより上位のランク実装が発表されていますが、
現在のポイントシステムはプレイ時間、1ヶ月の試合数による影響が大きいです。
もちろん、長時間プレイしている方がゲームに貢献している(表現が微妙ですが)と思うので評価されるべきではありますが、
ゲーム内のランキング画面でトップ層の桁違いのポイントを見て、やる気が出る人はそう多くはないでしょう。

・ゲーム外の場外乱闘(炎上)
ゲームの良し悪しではなく、人や組織が火元の炎上が多いです。
良く燃えますね。ほんと。

【良いとも悪いともいえないところ】
・環境の変化が激しい
3ヶ月に一度のペースでカードパックが追加されているため、環境の変化が激しくカードパワーのインフレが続いています。
環境に飽きたくらいで新カードがでるので、新鮮な気持ちでプレイできる一方、古いカードの利用価値がなくなったりしているため、今後もこのペースでやっていくことに不安を覚えます。
リリースから2年目になりますが、このあたりは大きなテコ入れがあることを期待しています。

・技術介入度が低い
良く言えば1チャンスある、悪く言えば運ゲー
いくつか練度が必要なデッキが存在しますが、基本的には運要素が強いと感じます。
やりこめばやりこむほどくだらないと思うかもしれない一方、ライトユーザーには優しいのかもしれません。
=+=+=+=+=+=+=+=

共感していただける点や、何言ってんだこいつと思う点などあるでしょうが、
一年近くプレイしてみて、今、思っていることを書いてみました。

好きなゲームなので、今後もよりよく発展していってほしいものです。