伊達巻きおいしい

おいしいよね

川柳少女を読め

びとです。

 

伊達巻きおいしいブログ第2回です。

残念ながら、まだ続ける気があるようです。

 

今回は、週刊少年マガジンで連載中の4コマ漫画、『川柳少女』について書きます。 

川柳少女(1) (週刊少年マガジンコミックス)

川柳少女(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

公式Twitterはこちら

twitter.com

最近、週マガで読む作品が減ってきた私ですが、この作品は素直に推しです。

 

五七五のリズムがとても小気味よい4コマ漫画なのですが、伝わる気がしないので、マガポケでの無料分でぜひ試しに読んでみてください。

または、現在一巻が発売中なのでお近くの本屋で買ってください。

 

 

ヒロイン(主人公)の雪白七々子ちゃんは、作中では五七五のセリフでしか喋らない特殊なキャラクターです。

十七音を巧みに操り、相手に思いを伝えていきます。

毎回、かなりの数の川柳(といっていいかわからない)が登場するので、作者も苦労してそうです。

 

せっかくなので、一巻に出て来る川柳のなかからパワーを感じたものをピックアップして紹介します。あえてシチュエーションは説明しません。

 

ボクの球 良くなったかな? お義父さん

 

かわいいね バッタの5倍 蛾の2倍 

 

 

昔、ある配信企画に川柳を投稿していたことを思い出しました。

恥ずかしいと思ったら負け。